留学に関するトラブル

画像

海外留学の準備は、半年から1年前より始めます。留学先や留学期間にもよりますが、出発前に十分な準備をすることで現地でのトラブルが少なくなり、本来の目的である学業において高い成果を収めることが可能になります。

留学は、半年~1年前から準備を始めます。まず目的を明確にし、その目的を達成するために自分にあった方法を探します。語学力習得目的なら、現地の語学学校に入学する、学びたい専門分野を海外の大学で勉強するなど、目的達成方法がわかれば、それに向けての手続きを調べて準備していきます。

準備にあたり自分で全て手続きを行わず、留学斡旋業者を利用する人もいますが、滞在先が決まらない、学校への入学手続きが上手く行かないなどのトラブルが発生するリスクが高くなります。いずれ現地に行けば少なからずトラブルは発生します。渡航前に手続きを自分でやっておくと、これまでの経緯がよくわかり、トラブル発生に対する心構えや処理能力もついているので、手続きはできるだけ自分でする方が望ましいです。

留学中に想定されるトラブルは、人間関係やお金のトラブルが多くなります。滞在先のホストファミリーとのコミュニケーションが上手く取れない、生活習慣や文化的価値観の違いによる衝突などがあります。そして滞在費用がかさみ、生活費や授業料が支払えなくなることもあります。私も一時的にですが費用が足りなくなってカードローンでお金を借りた思い出があります。

留学に際してのトラブルは、できるだけトラブルが起こらないよう万全の準備をしておくと共に、起こってしまったら、自己責任の下、必要な助けを借りながら自分の力で乗り切る強い意思が必要です。

留学前のトラブル 海外留学は、日本にいて準備をしている間にも様々なトラブルが起こります。目的をしっかり持ちそれに向って必要な手続きを調べて準備を始めても、自分に非のないトラブルは頻繁に起こります。 最近は、留学手続き代行業者が増えてきました。海外旅行感覚で、留学を申し込めるようになり、留学を簡単・・・
留学中のトラブル 留学中は、滞在期間が長くなればトラブルに遭うことも多くなります。トラブルに遭うことは避けられないことでもあるので、不測の事態が生じた時は、あわてずに周囲の助けも借りながらきちんと取り組む姿勢を忘れないことが大切です。 留学中は、滞在先での人間関係のトラブルが・・・